Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EC-CUBEが新版公開に向けてバグバウンティを開催中 - 脆弱性診断にはないメリットも

イーシーキューブは、eコマースプラットフォームの新版となる「EC-CUBE4.2」のリリースに向けてバグバウンティを開催している。

新版では、フレームワークのアップデートにくわえて、セキュリティ強化機能の追加、インボイスや改正特定商取引法などへ対応。開発者に向けて7月4日にベータ版を公開しており、9月中旬には正式リリースを予定している。

同社ではベータ版の公開とともに、セキュリティやクオリティの向上を目指して、脆弱性や不具合の報告に対して報奨金を支払うバグバウンティを開催している。すでに約40人が参加しており、8月17日の時点で130件の報告が寄せられている。ユーザーグループで楽しみながら参加しているケースもあるという。

今回のイベントでは発見した内容に応じて点数を付与。18社協賛のもと合計点数により決定した順位に応じて8位まで賞金を贈呈する。首位の賞金は新版のバージョンナンバーを想起させる42万円。上位に入らなくとも報告者には限定Tシャツのプレゼントなどもある。

バグバウンティには同社サイトより参加することが可能で開催期間は8月31日まで。9月21日に「EC-CUBE4.2」のリリースパーティを開催し、表彰なども行う予定だ。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター