Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外

個人情報保護員会は、尼崎市で発生したUSBメモリの紛失事故を受け、業務を受託していたBIPROGY(旧日本ユニシス)に対し、個人情報保護法にもとづく行政指導を行った。現行法において自治体は監督対象外だが、2023年4月以降は自治体も同法の適用対象となることから、個情委では各自治体に対して今回のケースを参考に対策を推進するよう促している。

問題となった事故は、6月に発生したもの。同市コールセンターにおいてデータの移管作業を実施するため、同社協力会社の従業員が同月21日17時ごろ、USBメモリをカバンへ入れて持ち出したが、作業後もデータを削除することなく持ち歩き飲食。

帰宅途中に路上で眠り込み、翌22日にUSBメモリを入れていたカバンごと紛失したことが明らかとなった。カバンは6月24日に吹田市内にあるマンション敷地内で見つかり、回収されている。

問題のUSBメモリ内部には、臨時特別給付金支給事務に関する同市全住民46万517人分の住民基本台帳に関する情報が保存されていた。さらに住民税の均等割額など税情報36万573件が記録されており、障害の有無といった要配慮個人情報、給付金支給のための口座番号なども含まれる。USBメモリ内部のデータは暗号化されていた。

個情委では今回の事故について調査を実施。事故発生時におけるリスクが高い情報が大量に保存されており、紛失などが発生した場合に影響が大きいにも関わらず、適切な措置が講じられていなかったとして行政指導を行った。

(Security NEXT - 2022/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
粗大ゴミ収集作業中に個人情報含む連絡票を紛失 - 尼崎市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
国勢調査員が空き巣被害、関連書類が盗難 - 尼崎市