Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA

20220715_ip_001.jpg
情報セキュリティ白書2022

情報処理推進機構(IPA)は、年次白書「情報セキュリティ白書2022」のPDF版を公開した。無料でダウンロードすることができるが、閲覧にはアンケートに回答し、パスワードを取得する必要がある。

書籍版の発売とあわせて公開を開始したもの。最新白書では、副題「ゆらぐ常識、強まる脅威:想定外に立ち向かえ」のもと、国内外の脅威状況、インシデントや被害の実態、政策動向など、情報セキュリティに関する概況を解説している。

また内部不正防止対策の動向、改正個人情報保護法、クラウドのセキュリティ、米国や欧州の政策、中小企業に向けたセキュリティ支援策など、個別トピックを収録している。

同白書の目次は以下のとおり。

序章 2021年度の情報セキュリティの概況
第1章 情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策
・1.1 2021年度に観測されたインシデント状況
・1.2 情報セキュリティインシデント別の手口と対策
・1.3 情報システムの脆弱性の動向
第2章 情報セキュリティを支える基盤の動向
・2.1 国内の情報セキュリティ政策の状況
・2.2 国外の情報セキュリティ政策の状況
・2.3 情報セキュリティ人材の現状と育成
・2.4 組織・個人における情報セキュリティの取り組み
・2.5 情報セキュリティの普及啓発活動
・2.6 国際標準化活動
・2.7 安全な政府調達に向けて
・2.8 その他の情報セキュリティ動向
第3章 個別テーマ
・3.1 制御システムの情報セキュリティ
・3.2 IoTの情報セキュリティ
・3.3 クラウドの情報セキュリティ
・3.4 米国・欧州の情報セキュリティ政策
付録 資料・ツール
・2021年のコンピュータウイルス届出状況
・2021年のコンピュータ不正アクセス届出状況
・ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況
・2021年の情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況
・IPAの便利なセキュリティツール
・第17回 IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2021受賞作品

(Security NEXT - 2022/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
大手携帯キャリア、マイナンバーカード申請のサポートを展開
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委