Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ

ジェーエムエーシステムズは、スマートデバイス向けカメラアプリケーション「KAITO セキュアカメラ on Cloud」を提供開始した。

同アプリは、端末に撮影したデータを残さず、撮影データを暗号化した状態でサーバに送信するセキュリティカメラアプリ。従来より同社では、利用者がサーバを用意して運用する「KAITO セキュアカメラ」を提供してきたが、今回、クラウド上でデータを保管できるソリューションを開発した。

撮影データは分割、圧縮、暗号化してサーバに送信。送信完了後は端末からデータを削除する。月額利用料は100ユーザー、ストレージ容量が1Tバイトの場合10万円。別途初期費用が必要。オプションでユーザーやストレージの容量を追加できる。

(Security NEXT - 2017/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業