Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル

HASHコンサルティングは、2017年3月でサポートが終了する「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)」や「CentOS 5」の利用者に対し、後継OSへの移行を支援するサービスを提供開始した。

同社がサービスを開始した「OS移行サポート2017」は、広く利用されている両OSの移行を支援するコンサルティングサービス。

移行計画の立案やコスト、移行しない場合の影響についてレポートを提供するなど、OS移行方針の決定について支援。移行が必要となるサーバの洗い出しのほか、移行先のサーバに対する脆弱性診断などをキャンペーン価格で提供する。

また予算がかけられない組織なども存在、「セキュリティ格差」が生じる懸念もあるとし、100社限定で各社1回に限り同社サイトの専用フォームより無料相談を受け付け、メールにてアドバイスを提供するという。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース