Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル

HASHコンサルティングは、2017年3月でサポートが終了する「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)」や「CentOS 5」の利用者に対し、後継OSへの移行を支援するサービスを提供開始した。

同社がサービスを開始した「OS移行サポート2017」は、広く利用されている両OSの移行を支援するコンサルティングサービス。

移行計画の立案やコスト、移行しない場合の影響についてレポートを提供するなど、OS移行方針の決定について支援。移行が必要となるサーバの洗い出しのほか、移行先のサーバに対する脆弱性診断などをキャンペーン価格で提供する。

また予算がかけられない組織なども存在、「セキュリティ格差」が生じる懸念もあるとし、100社限定で各社1回に限り同社サイトの専用フォームより無料相談を受け付け、メールにてアドバイスを提供するという。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「ColdFusion」に深刻な脆弱性、セキュリティアップデートが公開
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
「サイボウズ Garoon」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - パッチをリリース
ソフトウェアPLC「INplc-RT」に複数の脆弱性 - アップデートで修正