Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年3QのDDoS攻撃、前四半期比71%増 - 100Gbps超は19件

2016年第3四半期のDDoS攻撃が、前四半期から71%と大幅に増加したことがわかった。100Gbpsを超える攻撃も19件観測されている。

アカマイ・テクノロジーズが、同四半期に観測したDDoS攻撃の状況について取りまとめたもの。同社によれば、DDoS攻撃は前年四半期から71%の増加。同社が対策を講じたケースは4556件で、前四半期より8%減少した。

20161117_at_001.jpg
攻撃内容(グラフ:アカマイ)

100Gbps超を記録した攻撃は、19件を観測。なかでも623Gbps、555Gbpsと規模が大きかった攻撃は、「Miraiボットネット」で、同社が近年観測した攻撃において最大規模だった。

攻撃内容を見ると、他攻撃によって生じた「UDPフラグメント」が25%、「DNSリフレクション攻撃」が18%で続き、これらをあわせると半数近くにのぼる。

また「NTPリフレクション攻撃」は、全体の15%と減少傾向にあり、与える影響に関しても、2014年6月には平均40Gbps超に達していたが、今回の調査では平均700Mbpsにまで縮小した。

一方で、アプリケーション層に対する攻撃は、全DDoS攻撃において1.7%と少ない。攻撃ツールなどが用意されている中レイヤーに対する攻撃が中心だという。

DDoS攻撃の発信国は「中国」が30%でトップ。「米国(22%)」「イギリス(16%)」が続く。日本は4%で8番目に多かった。

(Security NEXT - 2016/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
6時間以上継続するDDoS攻撃が発生 - 「memcached」利用の攻撃も
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増