Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査

2016年に入り、ランサムウェアの検出数や被害が増加しているが、一方で「ランサムウェア」の認知度は3割に満たないとする調査結果をマカフィーが取りまとめた。

同社が10月に「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施したもの。同調査は、2015年10月から2016年10月までの1年間に発生したセキュリティに関するトピック30件を同社がピックアップ、認知状況を尋ねた。国内に在住し、企業に務める22歳以上の男女1552人が回答している。

セキュリティベンダーにおいて、検出数や被害の増加が伝えられており、同社においても2015年7月から2016年6月までの1年間で128%の増加を記録したランサムウェアだが、同調査における認知度は28%にとどまった。

ランサムウェア以外について、今回同社がピックアップしたトピックを見ると、社会的な問題として広く報道されている話題から、個別の事件や海外のインシデントまで幅広く、これらを単純に比較することは難しいが、上位を見てみると同調査でもっとも認知度が高かったとされる「振り込め詐欺」に関しても51.7%と5割強に過ぎなかったという。これは前年調査における56.8%を下回る結果だった。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も