Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応

ギデオンは、IPパケットのヘッダ情報とデータベースを照合して脅威と見られるパケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」をリリースした。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)によるダークネットの観測データや、Kasperskyが提供する情報をもとに、脅威とみられるパケットを破棄するセキュリティ製品。「Cyber Cleaner 1000」「AccessControl」の2台で構成されている。

同製品では、従来より提供している「Cyber Cleaner LE」へ機能を追加。各国のISP別分布が表示できるほか、従来のIPv4にくわえIPv6パケットに対しても国別フィルタが利用できるようになった。価格は216万円。更新ライセンスが21万6000円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品