Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応

ギデオンは、IPパケットのヘッダ情報とデータベースを照合して脅威と見られるパケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」をリリースした。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)によるダークネットの観測データや、Kasperskyが提供する情報をもとに、脅威とみられるパケットを破棄するセキュリティ製品。「Cyber Cleaner 1000」「AccessControl」の2台で構成されている。

同製品では、従来より提供している「Cyber Cleaner LE」へ機能を追加。各国のISP別分布が表示できるほか、従来のIPv4にくわえIPv6パケットに対しても国別フィルタが利用できるようになった。価格は216万円。更新ライセンスが21万6000円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ