Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性「QuadRooter」が判明、Android端末約9億台以上に影響か - 検証アプリも公開

「Google Nexus 5X」「Sony Xperia Z Ultra」「HTC One」「Samsung Galaxy S7」「BlackBerry Priv」など多くのスマートフォンやタブレット端末が同チップセットを採用しているとし、約9億台以上が脆弱性の影響を受けると同社は指摘。

問題のドライバは、生産時にプリインストールされており、修正にあたっては、キャリアなどを通じてQualcommにより修正されたドライバをインストールする必要があるという。

同社は、端末に脆弱性が含まれるか検証できるアプリ「QuadRooter Scanner」をGoogle Playにて公開。脆弱性を攻撃するためには、攻撃者が悪意あるアプリを端末利用者によってインストールさせる必要があることから、アプリをインストールする際は、信頼できないアプリストアを避けてGoogle Playからダウンロードし、要求される権限などへも注意を払うなど、慎重な対応を求めている。

(Security NEXT - 2016/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
「Apache Tomcat」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 9月のアップデートで修正済み