Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応

Internet Explorer向けに提供されている「Yahoo!ツールバー」が、「Windows Defender」によりマルウェアとして判定される状態が発生していたが、ヤフーは新版をリリースすることで問題へ対処した。利用者へアップデートを呼びかけている。

「Windows 8.1」および「Windows 10」の「Internet Explorer 11」へ「Yahoo!ツールバー」を導入した場合、Windowsに標準でプリインストールされている「Windows Defender」が、同ツールバーを「マルウェア」として検知する問題が生じていたもの。

同社は、同問題について原因を「Windows Defender」の誤検知であるとし、安全性を強調。日本マイクロソフトとともに原因解明を進めていると6月にアナウンスしていた。

同社は今回の問題へ対応するため、一部機能を変更。「Internet Explorer」のセキュリティを強化する「拡張保護モード」を有効にしている場合、「検索データ」と「ニュース」からプルダウン機能を利用できなくした。また拡張保護モードが無効の場合も、従来「トピックス」として提供していたボタンの名称を「ニュース」に変更している。

ヤフーは今回の変更により、「誤判定と推測される事象は発生しなくなる」と説明。利用者に対して最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK