Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応

Internet Explorer向けに提供されている「Yahoo!ツールバー」が、「Windows Defender」によりマルウェアとして判定される状態が発生していたが、ヤフーは新版をリリースすることで問題へ対処した。利用者へアップデートを呼びかけている。

「Windows 8.1」および「Windows 10」の「Internet Explorer 11」へ「Yahoo!ツールバー」を導入した場合、Windowsに標準でプリインストールされている「Windows Defender」が、同ツールバーを「マルウェア」として検知する問題が生じていたもの。

同社は、同問題について原因を「Windows Defender」の誤検知であるとし、安全性を強調。日本マイクロソフトとともに原因解明を進めていると6月にアナウンスしていた。

同社は今回の問題へ対応するため、一部機能を変更。「Internet Explorer」のセキュリティを強化する「拡張保護モード」を有効にしている場合、「検索データ」と「ニュース」からプルダウン機能を利用できなくした。また拡張保護モードが無効の場合も、従来「トピックス」として提供していたボタンの名称を「ニュース」に変更している。

ヤフーは今回の変更により、「誤判定と推測される事象は発生しなくなる」と説明。利用者に対して最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA