Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenAM」の認証エージェントに脆弱性 - パッチがリリース

アプリケーションサーバにおいてリクエストに対する認証状態のチェックするエージェント「OpenAM Web Policy Agent(OpenAMコンソーシアム版)」に脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「URL」のパース処理に不備があり、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2023-22320」が存在するという。

また細工されたURLに対し、アクセスポリシーの判定が正しく行われないおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「7.5」。

同脆弱性は、開発者より周知のためJPCERTコーディネーションセンターに報告があり、調整を実施した。ソースリポジトリにおいてパッチがリリースされており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入