Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県

静岡県は、県立診療所の職員が、児童の心理検査結果を自宅の私物パソコン宛にメールで送信した際、誤って31市町に誤送信したことを明らかにした。

同県によれば、11月11日に診療所の職員が自宅のパソコンへ資料を送信した際、操作を誤り、31市町の法務担当課に対しても送信した。受信者から指摘があり誤送信が判明。

資料には、患者である児童1人の氏名、生年月日、心理検査結果を含む心理判定所見が含まれる。

個人情報を含む資料については、個人所有のパソコンで扱うことが禁止されているが守られていなかった上に誤送信が重なった。

誤送信先にメールと電話で経緯を説明して削除を依頼。11月15日に対象の児童宅を訪問し、保護者に謝罪している。

(Security NEXT - 2022/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下