Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損保ジャパン日本興亜、サイバーリスクの定量評価手法を共同開発

損害保険ジャパン日本興亜は、サイバーリスクを定量評価する「サイバーリスク評価手法」を共同開発した。

同社ではグループ会社であるSOMPOリスケアマネジメントおよびSOMPOキャノピアスとともに、米Risk Management Solutions(RMS)と提携。ケンブリッジ大学などが参画するプロジェクトを通じて、同社グループの保険引受ノウハウや知見を活用し、評価手法を共同で開発した。

同手法では、情報漏洩、金融取引妨害、恐喝、サービス妨害攻撃、クラウドサービスダウンと5種類のサイバーリスクシナリオを対象としており、ITや金融、健康分野など業種の特性にくわえ、個人情報の内容、企業規模、利用システム、セキュリティ対策などを考慮し、リスク分析と評価を実施。企業が被る予想損害額を算出するという。

今後、評価対象とするサイバーリスクのシナリオについて拡張を進めるほか、同手法により保険加入時に必要となる補償額の算出が可能となるとし、すでに展開している「サイバー保険」の拡販を推進していく。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
Linuxカーネルに脆弱性「Mutagen Astronomy」、PoCが公開 - 「RHEL」「CentOS」に影響