Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Veeamのサービスプロバイダ向け管理製品に深刻な脆弱性

Veeamが提供する管理製品「Veeam Service Provider Console(VSPC)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

同製品は、同社バックアップエージェントやバックアップ製品で保護されたワークロードを対象として、データ保護の監視や集中管理を行うためのソフトウェア。サービスプロバイダ向けに提供している。

管理エージェントとコンポーネント間の通信において、安全ではないデータをデシリアライズする脆弱性「CVE-2024-29212」が明らかとなった。

特定の条件下で脆弱性を悪用されると、「VSPC」が稼働するサーバにおいてリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.9」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は内部テスト中に同脆弱性を発見したとし、「同8.0.0.19236」「同7.0.0.18899」で修正。サービスプロバイダーへアップデートを強く推奨している。なお、「Veeam Backup & Replication」など他製品は同脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2024/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も