Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修医が患者情報を無断持出 - 大阪市立総合医療センター

大阪市民病院機構は、大阪市立総合医療センターの研修医だった医師が3月の退職時に患者情報を無断で持ち出し、一時紛失していたことを明らかにした。

3月31日付けで同センターを退職した医師が、同センターの患者情報を含む資料を無断で持ち出していたことが判明したもの。専門医の登録申請のため、退院や転科した同センターの患者566人の情報をコピーした書類を持ち出し、使用していたという。

さらに7月22日1時過ぎ、同医師が現在の勤務先で作業した後、まとめきれなかった506人分の書類を自宅で作業するため持ち帰ったが、その際にタクシーへ置き忘れて一時紛失。タクシーの運転手が気付き、警察へ届け出ていた。

(Security NEXT - 2016/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院