Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、自治体対象のサイバー演習を全国11カ所で実施

情報通信研究機構(NICT)は、地方自治体を対象とした「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を、全国11カ所で実施する。

同演習は、自治体におけるサイバー攻撃への対応能力の向上を目的としたもの。自治体のLAN管理担当者などを対象に9月から11月にかけて全国11カ所で30回程度実施する予定。

これまでも総務省では、2013年度から官公庁や大企業のLAN管理者を対象に、たサイバー防御演習を実施。2016年度からは演習の受講枠を拡大。自治体の実態にあわせた演習シナリオを用いて、サイバー攻撃に対する対応能力の向上を目指す。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講