Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

(ISC)2のアジア太平洋情報ISLAプログラムで日本から4人が受賞

(ISC)2は、第10回年間アジア・パシフィック情報セキュリティ・ リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)プログラムの受賞者を発表した。日本国内からは、4人が選出された。

同プログラムは、同団体がグローバル・アワード・プログラムの一環として2007年より実施しているもので、アジア太平洋地域において情報セキュリティ分野で功績を残した人物を表彰するもの。

「Information Security Practitioner」「Managerial Professional for an Information Security Project」「Senior Information Security Professional」「Information Security Educator」の4部門があり、今回はあわせて35人が受賞した。

日本国内からは、「Senior Information Security Professional」部門において、KBC学園国際電子ビジネス専門学校の淵上真一氏、NTTエレクトロニクスの笠原久嗣氏、NECの小林浩史氏が受賞。また「Information Security Practitioner」部門では、富士通の佳山こうせつ氏が受賞した。

同団体では、7月25日から26日にタイ情報通信技術省(MICT)電子商取引開発庁(ETDA)と共同で「(ISC)2セキュリティ・コングレスAPAC」を開催する予定で、同じ会場で開催される表彰式ディナーにおいて、受賞者の表彰を行う予定。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定