Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年度の国内セキュリティ市場規模は8428億円 - JNSAまとめ

2014年度における国内情報セキュリティ市場は8428億円だった。2015年度は9202億円、2016年度は9803億円が見込まれ、上昇傾向が続くという。

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が、情報セキュリティ市場について調査を実施し、報告書として取りまとめたもの。2014年3月31日の時点で、国内で情報セキュリティに関するツールやサービスなどの提供を事業として行っている事業者を対象に市場規模を算出し、推定額として取りまとめた。

2014年度の情報セキュリティ市場は、情報セキュリティツール市場が4489億円、情報セキュリティサービス市場が3939億円で合計8428億円。2010年度から4年連続で増加した。以降も堅調に推移すると見ており、2015年度を9202億円、2016年度には9803億円と1兆円直前まで市場が成長すると分析している。

2014年度のツール市場を製品カテゴリ別に見ると、「コンテンツセキュリティ対策製品」が1712億円。次いで「アイデンティティ、アクセス管理製品」が772億円、「システムセキュリティ管理製品」が663億円、「ネットワーク脅威対策製品」が618億円、「暗号化製品」が488億円、「統合型アプライアンス」が236億円と続く。

一方同年度のサービス市場は、「セキュアシステム構築サービス」が1564億円で全体の4割を占めた。次に多かったのは「セキュリティ運用、管理サービス」で1252億円、「情報セキュリティコンサルテーション」が715億円、「情報セキュリティ教育」が304億円、「情報セキュリティ保険」が105億円だった。

(Security NEXT - 2016/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
国内ネットワークセキュリティ市場は4172億円 - 2020年度には5000億円弱に
2015年の国内セキュリティ市場は8965億円 - 前年比6.4%増
国内セキュリティ製品の市場規模、2016年は2807億円 - 前年比4%増
日本IBMとパソナ、セキュリティ教育コンテンツの開発で協業
クラウドセキュリティ市場、引き続き20%強の高成長を維持 - IDC予測
2017年に設立される新生「McAfee」のロゴが初披露 - テーマは業界連携
IPA、SSL/TLS製品の設定方法を解説 - 規定で推奨準拠は1割未満