Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に

情報通信研究機能(NICT)は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」においてアラート管理機能など、機能強化を行った。

20160608_ni_001.jpg
新機能による可視化画面(画像:NICT)

同システムは、ネットワーク通信をリアルタイムに分析、セキュリティ機器からのアラートなどを集約できる解析プラットフォーム。

今回のバージョンアップでは、アラート管理機能を強化。複数の機器より発行されたアラートを自動的に分析、種類別に統計をまとめることが可能。

同種のマルウェアに感染しているホストなど同種のアラート発生源をリストアップしたり、パラメータによるアラートの検索やソートに対応。自動防御機能による通信遮断など対策状況をグラフィカルに表示できる。また国産機器とのシステム連携などを強化した。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用