Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に

情報通信研究機能(NICT)は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」においてアラート管理機能など、機能強化を行った。

20160608_ni_001.jpg
新機能による可視化画面(画像:NICT)

同システムは、ネットワーク通信をリアルタイムに分析、セキュリティ機器からのアラートなどを集約できる解析プラットフォーム。

今回のバージョンアップでは、アラート管理機能を強化。複数の機器より発行されたアラートを自動的に分析、種類別に統計をまとめることが可能。

同種のマルウェアに感染しているホストなど同種のアラート発生源をリストアップしたり、パラメータによるアラートの検索やソートに対応。自動防御機能による通信遮断など対策状況をグラフィカルに表示できる。また国産機器とのシステム連携などを強化した。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
PwC、「Windows Defender ATP」を活用したセキュリティ対策サービス
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化
セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ
dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス