Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に

情報通信研究機能(NICT)は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」においてアラート管理機能など、機能強化を行った。

20160608_ni_001.jpg
新機能による可視化画面(画像:NICT)

同システムは、ネットワーク通信をリアルタイムに分析、セキュリティ機器からのアラートなどを集約できる解析プラットフォーム。

今回のバージョンアップでは、アラート管理機能を強化。複数の機器より発行されたアラートを自動的に分析、種類別に統計をまとめることが可能。

同種のマルウェアに感染しているホストなど同種のアラート発生源をリストアップしたり、パラメータによるアラートの検索やソートに対応。自動防御機能による通信遮断など対策状況をグラフィカルに表示できる。また国産機器とのシステム連携などを強化した。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Lアラート全国合同訓練」を5月に実施 - 自治体やメディアなど参加
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
20年前の「Excel 4.0」マクロを悪用する攻撃 - 検知回避が狙いか
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
脆弱性の影響を可視化できるOSS「Vuls」を解説 - IPA