Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染端末から学生や保護者の個人情報が流出 - 中大

中央大学は、パソコン1台がマルウェアに感染し、学生や保護者、教職員などの個人情報が流出していたことを明らかにした。

4月9日に同大多摩キャンパスで事務に使用している端末1台がマルウェアに感染し、その後の調査で情報流出が判明した。流出したデータには、学生や保護者、教職員など20人の氏名や住所、生年月日などが含まれる。

同大では、対象となる学生や関係者には個別に謝罪。また詳細や再発防止策などを検討したうえで、再度書面で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA