Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に

2016年第1四半期のインシデント件数が、前期より3割増となったことがJPCERTコーディネーションセンターのまとめによりわかった。

同センターが、同四半期に発生したセキュリティインシデントを取りまとめたもの。同四半期のインシデントは4143件となり、前四半期の3169件から31%の増加となった。

月別に見ると、1月が994件だったのに対し、2月に1410件、3月に1739件と期末に向けて増加傾向が続いた。同センターによる調整件数は44%増となる2955件。

20160414_jc_001.jpg
ウェブ改ざんの月次推移(グラフ:JPCERT/CC)

インシデントの内容を見ると「スキャン」が1654件で最多。次いで多かったのがウェブサイトの改ざんで1268件。前四半期の826件から1.5倍強へと増加した。

前四半期に引き続き、コンテンツマネジメントシステム(CMS)を使用するウェブサイトにおいて、改ざんが多数発生しているという。改ざんサイトからJavaScriptにより外部サイトへ誘導、脆弱性を悪用し、ランサムウェアやアカウント情報を窃取するマルウェアへ感染させるドライブバイダウンロード攻撃が行われていた。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割