Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash脆弱性、3月末よりエクスプロイトキットがゼロデイ攻撃 - ランサムウェアを拡散

Adobe Systemsが、緊急アップデートで修正した「Adobe Flash Player」のゼロデイ脆弱性「CVE-2016-1019」が、すでに複数のエクスプロイトキットにより利用されていることがわかった。遅くとも3月31日には悪用がはじまっており、ランサムウェア「Cerber」「Locky」などの拡散に利用されていたという。

今回明らかとなった脆弱性「CVE-2016-1019」は、「型の取り違え」によりコードを実行されるおそれがある脆弱性。「同21.0.0.197」および以前のバージョンに存在し、悪用されると端末の制御を奪われるおそれがある。

Proofpointのセキュリティ研究者が、4月2日にエクスプロイトキットの「Magnitude」が、セキュリティ対策が甘い旧バージョンの「Flash Player 20.0.0.306」に対して攻撃を行っていることを発見。FireEyeと共同の調査で未修正の脆弱性であることが判明し、Adobe Systemsへ報告した。

Proofpointによると、「Magnitude EK」は直近数カ月、「Cryptowall」の拡散を行っており、3月中旬には「Teslacrypt」へシフト、さらに3月末に「Cerber」とランサムウェアを利用した攻撃を展開。そうしたさなか今回の脆弱性が悪用されたという。「Cerber」や「Locky」の拡散に利用されていた。また「Nuclear EK」においても3月31日の段階で同脆弱性を悪用していたと見られている。

今回判明しているゼロデイ攻撃は、旧バージョン「同20.0.0.306」および以前のバージョンのみ影響を受けるが、脆弱性そのものは「同21.0.0.197」にも存在しているため、今後さらなる攻撃範囲の拡大が懸念される。Adobe Systemsやセキュリティベンダーでは早急なアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性を解消
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
「Adobe Flash Player」のアップデートが公開 - 深刻な脆弱性3件など修正
「Adobe Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を