Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressへ「お気に入り機能」を追加するプラグインにXSSの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPress向けに提供されているプラグイン「WP Favorite Posts」に脆弱性が含まれていることがわかった。

20160324_wp_001.jpg
アップデートとなる「同1.6.6」がリリースされている

同プラグインは、WordPressへ「お気に入り」機能を追加するソフトウェア。同ソフトに「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2016-1160」が明らかとなったもので、デフォルト設定では影響を受けないが、設定によっては閲覧者のブラウザ上でスクリプトを実行されるおそれがあるという。

今回の脆弱性は、トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが開発者と調整を行った。開発者は脆弱性を修正した「WP Favorite Posts 1.6.6」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WP向けソーシャルボタンプラグインにゼロデイ攻撃 - アップデートが緊急公開
「WordPress 5.1.1」がリリース - XSSの脆弱性など修正
WordPress向けプラグイン「Smart Forms」にCSRFの脆弱性
「WordPress」向けフォーム作成プラグインにCSRFの脆弱性 - スクリプト挿入のおそれ
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress」向けプラグイン「Google XML Sitemaps」にXSSの脆弱性