Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressへ「お気に入り機能」を追加するプラグインにXSSの脆弱性

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のWordPress向けに提供されているプラグイン「WP Favorite Posts」に脆弱性が含まれていることがわかった。

20160324_wp_001.jpg
アップデートとなる「同1.6.6」がリリースされている

同プラグインは、WordPressへ「お気に入り」機能を追加するソフトウェア。同ソフトに「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2016-1160」が明らかとなったもので、デフォルト設定では影響を受けないが、設定によっては閲覧者のブラウザ上でスクリプトを実行されるおそれがあるという。

今回の脆弱性は、トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが開発者と調整を行った。開発者は脆弱性を修正した「WP Favorite Posts 1.6.6」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
WordPress向けGoogle Map表示用プラグインにXSSの脆弱性
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
WordPress向けデータインポート用プラグインに2件の脆弱性
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
「WordPress」向けRetina対応プラグインにXSSの脆弱性
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除