Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPら、声で本人認証を行う「声紋認証」の開発を開始

大日本印刷は、ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパンと提携し、音声で本人認証を行う「声紋認証」技術を用いた認証サービスの開発を開始した。

同サービスは、声の特徴を抽出してパターン化した「声紋」を用いて本人を認証するもの。スマートフォンアプリのログインや、オンラインバンキングの取引などで本人認証を行う際、スマホのマイクに向かって発声すると、あらかじめ登録した声紋と照合して本人か判定する。

特定の言葉でなくても認証できるため、録音によるなりすまし対策として、毎回異なる言葉で認証することが可能。また特定の言葉のみ認証可能にするオプション機能も用意する。

同社では、2016年12月のサービス開始を目指しており、2017年から2019年度の3年間で3億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも