Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSS利用製品の脆弱性対応における課題まとめた報告書

情報処理推進機構(IPA)は、企業におけるソフトウェア管理の実態と課題についてまとめた「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」の報告書を公開した。

20160314_ip_001.jpg
「ソフトウェア識別管理に向けた分析事業」の報告書(IPA)

同報告書は、企業におけるソフトウェア管理の実態調査の結果と、調査を通じて抽出された課題などを取りまとめたもの。同機構のサイトよりダウンロードすることができる。

製品やシステムを提供する事業者は、自社製品で使用されているオープンソースソフトウェアを把握し、脆弱性が明らかとなった場合に顧客対応などを迫られるが、使用状況の把握が難しくなっている現状を受け、ソフトウェア属性情報管理の必要性、必要とする情報、管理の実態などを事業者からヒアリング調査し、課題をまとめた。

また資産管理用のデータベースと脆弱性データベースの突合による対応の検討や、ソフトウェア管理における識別情報について、標準化団体が進める規格化活動の状況について調査を行い、報告している。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会