Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカードの画像をOCR認識、送信するライブラリ - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、企業のマイナンバー収集作業を効率化する「マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ」を提供開始した。

同製品は、マイナンバーの収集や入力の効率化を支援するソフトウェアライブラリ。人事や給与システムなどへ組み込むためのAPIを提供する。

同ライブラリでは、タブレット端末のカメラで撮影した「マイナンバーカード」や「通知カード」の画像からマイナンバーや氏名、住所、生年月日などのデータをOCRで認識。文字コードに変換し、業務システムへ送信できる。また認識したデータは、タブレット端末上に残存しないという。

価格は73万3320円。開発キットとランタイムライブラリ1ライセンスが含まれる。

(Security NEXT - 2016/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件