Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーシステムで連日障害 - 一部自治体で業務処理できず

マイナンバーの関連システムで連日障害が発生している。障害により一部自治体で個人番号カードを交付できないなど問題が生じており、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)では、抜本的な解決に向けて対策を検討しているという。

同機構によれば、今回の障害は住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とカード管理システムを中継するサーバの1台が不安定になっているもの。

20160127_jk_001.jpg
カード管理システムの構成(図:地方公共団体情報システム機構)

1月18日15時40分から19時、翌19日は8時30分から50分まで不具合が発生。さらに21日18時40分から19時、22日9時40分から50分、25日10時45分から11時25分と連日にわたり障害が生じ、その間一部自治体の端末で個人番号カードに関する業務を行えない状態となった。

不具合の原因となった中継サーバは住基ネットとカード管理システムの間に設置。複数設置しているうちの2号機の動作が不安定な状態で、カード管理システムに接続できる自治体数が制限されたという。

同機構では、問題のサーバを常時監視し、障害発生時に再起動する体制を構築。同月24日に中継サーバを1台増設するなど対応を進めているが翌25日にも再発した。25日は問題のサーバとファイアウォールを再起動したことで解決したという。

同機構では、根本的な解決に向けて早急に対応方法を検討するとしている。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス