Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、模擬標的型攻撃による演習サービスをリリース

PwCサイバーサービスは、組織の環境にあわせ、模擬サイバー攻撃を実施し、セキュリティ対策の運用状況を検証する「レッドチーム演習」を2月1日より提供開始する。

20160119_pc_001.jpg
演習イメージ(画像:PwCサイバーサービス)

同サービスは、同社の専門家が各組織向けにカスタマイズした攻撃ツールを用いて模擬的な標的型攻撃を実施することで、組織のセキュリティ対策における具体的な問題点を洗い出すことができる演習サービス。対象として、重要インフラや機密情報を扱う組織内インフラなどを想定している。

演習ではあらかじめ組織の端末情報を取得した上で脆弱性を狙うマルウェアを作成。標的型攻撃メールにより、マルウェア感染や感染の拡大、C&Cサーバとの通信、機密情報の外部送信など一連の攻撃を体験することができる。

攻撃の実施後は、CSIRTにおけるインシデント対応体制、運用ポリシー、導入セキュリティ製品の評価、ログ保全状況などさまざまな観点からセキュリティアセスメントを実施。対策状況を評価できる。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設