Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション

大日本印刷は、車載機器に搭載されたアプリケーションや通信のセキュリティを強化するサービスを提供開始する。

自動車業界向けに車載システムのセキュリティを強化するサービスを提供するもので、手はじめにアプリケーションの改ざん防止ソフト「CrackProof」と、機器間の安全な通信を実現する「DNP Multi-Peer VPN」を提供する。

「CrackProof」は、車載システムに搭載された制御系や遠隔操作機能を持つアプリケーションの改ざんや悪用を防止するソフトウェア。また「DNP Multi-Peer VPN」は、通信データを暗号化するソフトウェア開発キットと、VPN管理サーバで構成。車載機器同士やクラウドとの通信において、機器を自動で認証し、通信データを暗号化する。

同社では、自動車業界向けのセキュリティ対策関連製品において、2020年度までに50億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
横河電機の制御機器関連ソフトに脆弱性 - 一部はサポート終了でパッチ提供なし
三菱電機製「インバータ」制御ソフトに2件の脆弱性
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
オムロン製制御機器向けツール「CX-Programmer」に脆弱性
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
Schneider Electric製PLCに脆弱性 - アップデートは未提供