Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション

大日本印刷は、車載機器に搭載されたアプリケーションや通信のセキュリティを強化するサービスを提供開始する。

自動車業界向けに車載システムのセキュリティを強化するサービスを提供するもので、手はじめにアプリケーションの改ざん防止ソフト「CrackProof」と、機器間の安全な通信を実現する「DNP Multi-Peer VPN」を提供する。

「CrackProof」は、車載システムに搭載された制御系や遠隔操作機能を持つアプリケーションの改ざんや悪用を防止するソフトウェア。また「DNP Multi-Peer VPN」は、通信データを暗号化するソフトウェア開発キットと、VPN管理サーバで構成。車載機器同士やクラウドとの通信において、機器を自動で認証し、通信データを暗号化する。

同社では、自動車業界向けのセキュリティ対策関連製品において、2020年度までに50億円の売上げを目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
NTTコム、工場向けIoTパッケージを提供開始 - インターネット介さずクラウド接続
NEC、制御システム向けセキュリティコンサル - 認証取得も支援
NRIセキュアとWurldtech、制御システムのセキュリティ対策で協業
第三者が閲覧できるネットカメラ、都内だけで約3000台
「SHODAN」に類似サービス - ネット接続機器の登録状況確認を
【制御システム】一部オムロン製品にパスワード取得される複数の脆弱性
「CENTUM」など横河電機の制御システムに複数の脆弱性