Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス2023」を2023年2月9日にオンラインで開催する。同センターでは開催に向けて講演の募集を開始した。

同イベントは、産業制御機器(ICS)分野におけるセキュリティ技術の向上や対策の充実に向けて情報の共有を目的に実施するもので、同イベントにおいて講演の希望者を募集開始したもの。

募集テーマは、制御システムのセキュリティ全般を対象としているが、新型コロナウイルス感染症やデジタルトランスフォーメーションの推進など環境が変化していることも踏まえ、「クラウド環境を活用する上でのセキュリティ上の課題や対策例」「リモート作業における制御システムセキュリティに関する提案や事例」など、選定の上で重視する重点募集テーマを複数設定している。

募集枠は、2〜3枠としており、国内在住の制御システムに関係する人であれば誰でも応募できる。応募締切は9月16日でプログラム選考委員の審査を経て決定となる。応募方法など詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2022/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス