Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、文書共有サービスにIRM機能 - 追跡や権限変更に対応

富士ゼロックスは、暗号化機能を搭載した文書共有サービス「Working Folder Plus」を提供開始した。

同サービスは、従来より提供している文書共有のクラウドサービス「Working Folder」の機能強化版。アクセス権の設定やIPアドレスによるアクセス制限、ファイルの閲覧機能にくわえ、あらたにIRM機能を搭載した。

文書管理ソフト「DocuWorks」で作成したファイルを、暗号追跡ドロワーにドラッグ&ドロップするだけで暗号化。共有や配信したファイルの閲覧や印刷の履歴を追跡したり、操作制限の設定を変更することが可能。閲覧を制限することもできる。

そのほか、作成可能なドロワー数の上限を増やしたほか、アップロードできるファイルサイズが最大1Gバイトに拡大している。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
ノベル、ID追跡機能を強化したSIEM製品新版
富士通、「FFR yarai」と「SML」の連携ソリューション