Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー法人台帳に自治体のURLやメアドなど追加 - 運営SNSも

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、地方公共団体1788団体のサイトURLやメールアドレスのドメイン名などを調査し、サイバー法人台帳「ROBINS」で公開した。

サイバー法人台帳ROBINSは、企業に関する名称や住所、サイトURL、メールアドレスのドメインなど基本的な情報を第三者が確認し、信頼できる情報として公開しているデータベース。キーワードや詳細条件から誰でも企業情報が検索できる。

今回、同協会が調査した地方公共団体1788団体の基本情報をデータベースに追加した。住所や電話番号のほか、サイトURLやメールアドレスのドメイン、運用しているSNSのURLなども含まれる。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
悪質な「注文確認メール」を送りつける偽楽天に注意を - 情報盗む上にマルウェア感染
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多