Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー法人台帳に自治体のURLやメアドなど追加 - 運営SNSも

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、地方公共団体1788団体のサイトURLやメールアドレスのドメイン名などを調査し、サイバー法人台帳「ROBINS」で公開した。

サイバー法人台帳ROBINSは、企業に関する名称や住所、サイトURL、メールアドレスのドメインなど基本的な情報を第三者が確認し、信頼できる情報として公開しているデータベース。キーワードや詳細条件から誰でも企業情報が検索できる。

今回、同協会が調査した地方公共団体1788団体の基本情報をデータベースに追加した。住所や電話番号のほか、サイトURLやメールアドレスのドメイン、運用しているSNSのURLなども含まれる。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加