Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者の約1割が脅威や被害を経験

オンラインバンキング利用者の約1割がセキュリティ上の危険へ遭遇したり、被害を経験していることがわかった。

MMD研究所が9月14日、15日にスマートフォンを所有する15歳以上の男女を対象に、オンラインバンキングの利用動向などについてアンケート調査を実施したもの。有効回答数は1658。

オンラインバンキングの利用経験者は40.2%。31.1%にあたる515人が回答時点で利用していた。また利用者の84.8%が、スマートフォンからオンラインバンキングを利用した経験があるという。

現在利用している515人のうち、10.5%にあたる54人がセキュリティ上の脅威に遭遇。脅威の内容を見ると「フィッシングメール受信」「個人情報、口座情報の流出」がいずれも38.9%でもっとも多く、「スパイウェアへの感染」が37%と僅差で続く。「現金の不正出金」についても22.2%が経験していた。

オンラインバンキング利用時のセキュリティ対策について見ると、ワンタイムパスワードの利用は21%。パスワードを複雑にするなど工夫しているユーザーは17.3%。他サービスとパスワードを変えているユーザーは16.9%にとどまった。

(Security NEXT - 2015/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符