Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、都内でフィッシング対策セミナーを開催

フィッシング対策協議会は、「フィッシング対策セミナー 2015」を11月20日に都内で開催する。

同セミナーでは、サイバー犯罪の動向やフィッシング詐欺の現状にくわえ、金融機関において実施しているフィッシング対策の取り組みなど実例を紹介する。同協議会や警察庁、金融機関、セキュリティ企業から講師を招き、6講演が行われる予定。

会場は、大崎ブライトコアで参加費は無料。事前にメールでの申し込む必要がある。定員は300人。申し込みは11月13日17時まで受け付けるが定員となり次第締め切りとなる。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に