Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、都内でフィッシング対策セミナーを開催

フィッシング対策協議会は、「フィッシング対策セミナー 2015」を11月20日に都内で開催する。

同セミナーでは、サイバー犯罪の動向やフィッシング詐欺の現状にくわえ、金融機関において実施しているフィッシング対策の取り組みなど実例を紹介する。同協議会や警察庁、金融機関、セキュリティ企業から講師を招き、6講演が行われる予定。

会場は、大崎ブライトコアで参加費は無料。事前にメールでの申し込む必要がある。定員は300人。申し込みは11月13日17時まで受け付けるが定員となり次第締め切りとなる。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発