Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、FW導入自治体へサンドボックス解析を無償提供

パロアルトネットワークスは、地方公共団体向けに提供されている「LGWAN-ASP」を通じてサンドボックスによるマルウェア検証サービスを提供する。

同サービスは、地方公共団体を相互に接続する行政専用ネットワーク「総合行政ネットワーク(LGWAN)」において、同社サンドボックス「WildFire」によるマルウェア対策を「LGWAN-ASP」にて提供するもの。同社製品を導入している地方公共団体向けの無償サービスで、9月14日からトライアルサービスを開始する予定。

サンドボックスでは不審なファイルを相関的に分析。マルウェアと判定した場合はシグネチャを作成して同社セキュリティプラットフォームに適用できる。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも