Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員の実家で盗難、個人情報が被害 - 八千代市

千葉県八千代市は、民生委員の帰省先で盗難事件が発生し、住民など740人の個人情報が保存されたパソコンが被害に遭ったことを明らかにした。

7月25日に民生委員の帰省先である三重県の実家で盗難が発生し、パソコンが被害に遭ったもの。8月14日になってパソコンに個人情報が入っていたことへ気付き、警察に被害届を提出、20日に同市へ報告を行ったという。

被害に遭ったパソコンには、住民492人の氏名や住所、電話番号、世帯構成、障害の有無、生活保護の有無、病名などが保存されていた。また緊急連絡先として登録された248人の氏名や住所、電話番号なども含まれる。

同市では、対象となる市民や関係者に書面で謝罪を行った。また、民生委員を対象とした個人情報管理体制の点検や研修などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2015/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
顧客の旅券情報含むPCが盗難被害 - Peach航空
工事中に患者情報含むPCが盗難被害 - 福岡大学筑紫病院
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市