Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPSやDDoSなど自由に選べる「SecureSoft Sniper ONE」

セキュアソフトは、IPSやDDoS対策を備えたセキュリティアプライアンス「SecureSoft Sniper ONE」を8月3日より販売開始する。

20150727_ss_001.jpg
姜昇旭氏(画面左)と荻原博氏(同右)

同製品は、IPSにくわえ、SecureSoft Sniper DDXシリーズのDDoS攻撃対策機能などを備えたセキュリティアプライアンス。内部ネットワークにおける「DHCPサーバ」への攻撃を防止する機能や、「DNSサーバ」の保護機能をオプションとして用意している。

さらに正規表現を用いたシグネチャを作成できる「Regular Expression」や帯域制御が行える「Rate Limit機能」など、必要に応じて機能を導入することが可能。価格は702万円から。

同社では今後3年間に50億円の売上を見込んでいるという。常務執行役員の荻原博氏は、パートナーとの協業による製品の拡販にくわえ、MSS事業者との協業強化による運用監視サービスの拡充、コンサルティングや運用要員の提供などを事業を展開していくと説明。また同社取締役社長の姜昇旭氏は、2019年にはジャスダック市場においてIPOを目指すと目標を語った。

(Security NEXT - 2015/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能