Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティ対策製品の新版「Trend Micro Deep Security 12.0」を6月19日より提供開始する。

新版では、「Docker」のコンテナ向け対策を強化。従来よりコンテナ内で稼働する不正プログラムの検知や外部からの通信に対するIPS、IDS機能を提供しているが、同一ホストOS上で動作するコンテナ間の脆弱性に対する攻撃や、コンテナからホストOSに対する不正な通信を検知し、防御することが可能となった。

参考価格は、1サーバあたり年額23万40円。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ