Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず

BBソフトサービスは、6月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

6月の不正サイト検知数は87万2384件で、前月の86万8480件から0.4%とわずかながら増加した。

種類別では「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が全体の74%を占め、「フィッシング詐欺サイト」が21.2%と続く。詐欺関連サイトで95%と大半を占める傾向に大きな変化は見られなかった。

そのほか「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.3%、「脆弱性悪用サイト」が1.3%、「マルウェア感染サイト」は0.1%だった。前月から割合の増減はあるが、わずかな変化にとどまる。

また6月のあらたな攻撃として、熱狂的なファンを狙い、未発表の製品を提供するなどと騙すアクセサリーの予約販売を装った詐欺サイトが確認されたという。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット詐欺などの注意喚起情報でまとめページ - 消費者庁
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に