Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず

BBソフトサービスは、6月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

6月の不正サイト検知数は87万2384件で、前月の86万8480件から0.4%とわずかながら増加した。

種類別では「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が全体の74%を占め、「フィッシング詐欺サイト」が21.2%と続く。詐欺関連サイトで95%と大半を占める傾向に大きな変化は見られなかった。

そのほか「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.3%、「脆弱性悪用サイト」が1.3%、「マルウェア感染サイト」は0.1%だった。前月から割合の増減はあるが、わずかな変化にとどまる。

また6月のあらたな攻撃として、熱狂的なファンを狙い、未発表の製品を提供するなどと騙すアクセサリーの予約販売を装った詐欺サイトが確認されたという。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ペット好き狙う詐欺サイト - メモリアルグッズ販売を偽う
「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
「ウイルスでSIMカードが破損する」と脅す詐欺サイト - 偽アプリへ誘導
楽天店舗装った「プレゼント当選」メールに注意 - 偽サイトは1万4000件超
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス