Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト

BBソフトサービスは、5月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。詐欺関連サイトが全体の約95%を占めている。

5月は86万8480件の不正サイトを検知し、4月の88万507件から1.3%の減少した。内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が1.2ポイント縮小したものの、75.5%と全体の4分の3にのぼる。「フィッシング詐欺サイト」は0.8ポイントの上昇で全体の19.9%だった。これらで全体の約95%を占める。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.2%、「脆弱性悪用サイト」が1.1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から割合が微増した。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増