Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト

BBソフトサービスは、5月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。詐欺関連サイトが全体の約95%を占めている。

5月は86万8480件の不正サイトを検知し、4月の88万507件から1.3%の減少した。内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が1.2ポイント縮小したものの、75.5%と全体の4分の3にのぼる。「フィッシング詐欺サイト」は0.8ポイントの上昇で全体の19.9%だった。これらで全体の約95%を占める。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.2%、「脆弱性悪用サイト」が1.1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から割合が微増した。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も