Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト

BBソフトサービスは、5月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。詐欺関連サイトが全体の約95%を占めている。

5月は86万8480件の不正サイトを検知し、4月の88万507件から1.3%の減少した。内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が1.2ポイント縮小したものの、75.5%と全体の4分の3にのぼる。「フィッシング詐欺サイト」は0.8ポイントの上昇で全体の19.9%だった。これらで全体の約95%を占める。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.2%、「脆弱性悪用サイト」が1.1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から割合が微増した。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年4Qの不正送金被害は1.7億円 - 法人で被害額が増加傾向