Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年のセキュリティ市場は8226億円、前年比5.9%増 - JNSA調査

2014年度の国内情報セキュリティ市場規模は、8225億6000万円となり、前年比5.9%増と堅調に推移した。

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が、2014年度の国内情報セキュリティ市場について取りまとめ、発表した。同調査は、2004年度から2009年度まで経済産業省委託事業として展開。2010年度以降は、同協会が独自に実施している。

2014年度調査では、2013年3月31日時点で国内で情報セキュリティに関するツール、サービスなどの提供を事業として行っている事業者を対象に市場規模の実績見込値などを算出。また従来方式を一部簡略化し、個別推計調査とワーキンググループメンバーによる議論を踏まえて、全体集計および推計作業を行った。

同調査によれば、2014年度は5.9%の成長率を確保。前年度の成長率6.2%を0.3ポイント下回ったが、2012年度の5.4%を上回る数字で堅調に推移している。また2015年度の予想成長率は5.7%。

分野別に見ると、「情報セキュリティ保険(11.3%)」「ネットワーク脅威対策製品(10.4%)」「セキュリティ運用・管理サービス(10.3%)」の3分野は2桁成長だったという。

一方、「システムセキュリティ管理製品」は前年度の9.7%から4.6%へ、「コンテンツセキュリティ対策製品」が7.6%から4%に後退するなど、セキュリティツール製品のカテゴリで成長率が伸び悩む傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2015/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
セキュリティトレーニングのKnowBe4が日本法人設立
IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に