Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMac向けセキュアブラウザ

HDEは、セキュリティサービスにクラウドサービス利用者向けに専用ブラウザ「HDE Secure Browser」を追加した。

同ブラウザは、「Office 365」「Google Apps for Work」「Salesforce」などのクラウドサービスと連携する同社セキュリティサービス「HDE One」向けに提供するもの。管理者が設定したサイトのみにアクセスを制限したり、ダウンロードを禁止できる。

従来のスマートデバイスにくわえ、あらたにWindowsとMac OS X向けに提供する。料金は、200人が利用する場合、1ユーザーあたり6000円/年。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE