Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsとMac向けセキュアブラウザ

HDEは、セキュリティサービスにクラウドサービス利用者向けに専用ブラウザ「HDE Secure Browser」を追加した。

同ブラウザは、「Office 365」「Google Apps for Work」「Salesforce」などのクラウドサービスと連携する同社セキュリティサービス「HDE One」向けに提供するもの。管理者が設定したサイトのみにアクセスを制限したり、ダウンロードを禁止できる。

従来のスマートデバイスにくわえ、あらたにWindowsとMac OS X向けに提供する。料金は、200人が利用する場合、1ユーザーあたり6000円/年。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース