Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス

ユービーセキュアは、ウェブアプリケーションの開発者向けにSaaS型脆弱性検査サービス「komabato」を提供開始した。

同サービスは、ウェブアプリケーションの開発プロセスにおいて、繰り返しセキュリティテストを行うことを想定したSaaS型の脆弱性検査サービス。アプリケーション脆弱性検査ツール「Vex」のノウハウをもとに開発した。

システムを構成するURLを個別に管理し、必要に応じて開発者がURL単位でテストを実施することが可能。ブラウザより操作可能で、対象アプリケーションを開いて操作を記録するだけでテストシナリオを作成できるとしている。

また検出した脆弱性の担当者を指名し、修正までのタスクを管理するためのチケット管理機能を用意した。ベーシックプランで1チームあたりの月額利用料は5万4780円(税込)。

(Security NEXT - 2021/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード