Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広告を執拗に表示させる迷惑アプリ、「Google Play」で多数流通

執拗に広告を表示させてデバイスの操作を邪魔するモジュールを含んだアプリが、「Google Play」上で複数確認されている。

Doctor Web Pacificによれば、悪質な広告プラットフォーム「Adware.MobiDash.2.origin」が組み込まれたアプリを、公式サイトである「Google Play」上で多数確認しているもの。

問題のインストールすると、多数の広告を重ねて表示するほか、ブラウザ内やステータスバーに広告を表示。またプログラムウィンドウだけでなく、OSのインターフェース上にも広告を重ねて表示するため、デバイスの操作を阻害。

「Adware.MobiDash.2.origin」の前身となる「Adware.MobiDash.1.origin」は、2015年2月に発見されており、今回の亜種も従来のものと同様、どのアプリが広告表示の原因となっているか特定されないよう、インストール後、一定期間は活動しないなど手口が巧妙だった。

同社は、こうしたアプリのダウンロード数は、合計で250万件を超えていると指摘。アプリをインストールする際に十分注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ
「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に