Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、長期間放置アカウントを削除へ - 悪用防止対策で

Googleは、2年以上使用されていない個人向けのGoogleアカウントについて2023年後半より削除していく方針を示した。放置されたアカウントはセキュリティ管理が甘く、乗っ取られて悪用される可能性があることを理由に挙げている。

同社では5月17日にサービスのポリシーを変更。2年以上使用されていなかったり、ログインされていないアカウントの削除を実施する方針であることを示した。対象は個人向けアカウントで、企業や学校など組織を通じて発行されているアカウントは対象とならない。

実施を開始するタイミングは、もっとも早い場合で2023年12月としており、作成後に1度も使用されないアカウントより段階的に実施。アカウントを削除する前にはアカウントのメールアドレスと再設定用のメールアドレスに通知するという。

アカウントを削除された場合、Gmail、GoogleドライブなどのGoogle Workspaceや、Googleフォトなどに保存されたコンテンツもあわせて削除される。

同社は、忘れられたり、放置されて長期間使用されていないアカウントについて、侵害される可能性が高く、リスクを軽減するための措置と説明している。

(Security NEXT - 2023/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県