Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressのゼロデイ脆弱性、「報告拒絶された」と発見企業が主張

WordPressは、4月27日にセキュリティアップデート「同4.2.1」を急遽公開した。セキュリティベンダーによって実証コード(PoC)が公開されており、早急なアップデートが求められる。

20150428_ki_001.jpg
PoCを公開したKlikki Oy

4月23日に公開された「同4.2」を含む複数のバージョンに、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在することが判明したもの。フィンランドのセキュリティベンダーであるKlikki Oyが4月26日に実証コードを公開している。

同社によれば、2014年11月の時点で脆弱性を把握しており、WordPressの開発チームに対しては、メールやフィンランドの「CERT-FI(NCSC-FI)」を通じて開発チームへ連絡を取ろうとしたが返事がなく、バグバウンティプラットフォーム「HackerOne」経由での連絡についても、拒絶されたと主張している。

同社の説明では、今回の脆弱性が悪用されると、コメント閲覧時に悪意あるスクリプトが実行されるおそれがある。またデフォルトセッティングにおいて、ログインした管理者に対し攻撃が行われた場合は、「プラグイン」と「テーマの編集」によって任意のコードが実行させることが可能となるほか、管理者のパスワードを変更する、新しい管理者アカウントを作成するといった攻撃が可能だという。

(Security NEXT - 2015/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か