Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年1Qの脆弱性登録、前期から大幅減 - 従来の水準に

情報処理推進機構(IPA)は、2015年第1四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。登録件数は前四半期を大幅に下回り、以前の水準に戻った。

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報や、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報、米国国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録したデータベースで、2007年4月より運用されている。

2015年第1四半期は、1736件の脆弱性対策情報があらたに登録された。内訳を見ると、JVNの掲載情報が181件、NVDの情報が1550件、国内製品開発者による登録情報が5件。同四半期で累計登録件数は5万3235件となった。また英語版では46件の登録があり、累計件数は1184件。

登録件数が前四半期の3072件から目立って減少しているが、JVN登録情報が前期の1408件から181件に激減したことが影響した。前期はSSL証明書の検証不備の脆弱性があるとして、Androidアプリの脆弱性関連情報が1200件以上登録されたことで一時的に急増しており、同四半期は以前の水準に戻ったともいえる。

登録件数を脆弱性の種類別に見ると、「クロスサイトスクリプティング」が289件で最多。「認可、権限、アクセス制御(143件)」「バッファエラー(130件)」「リソース管理の問題(119件)」と続く。

これまでに登録された脆弱性情報を深刻度別に見ると、共通脆弱性評価システム「CVSS」の基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」は全体の40.4%で、前期より0.3ポイント後退。「警告」とされる「レベルII」は52.5%で0.2ポイント上昇した。「注意」の「レベルI」は前期とほぼ変わらず7.1%だった。

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査