Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証情報が漏洩する脆弱性「Redirect to SMB」 - IEなど少なくとも31製品に影響

20150414_cy_001.jpg
Cylanceでは「Redirect to SMB」と名付けたという

「Windows NTLM」において、HTTP通信を悪意あるSMBサーバにリダイレクトさせることで、認証情報が漏洩するあらたな脆弱性が判明した。詳しい原因はわかっておらず、セキュリティ機関では緩和策などを案内している。

Windowsにおいて、HTTP通信を「file://」プロトコルにより、悪意あるSMBサーバへリダイレクトさせることで、ユーザー名や暗号化されたパスワードなど、認証情報が漏洩する脆弱性が判明したもの。

Cylanceが脆弱性を発見、脆弱性の影響を緩和するためにベンダーなどと6週間にわたる調整を実施した上で、カーネギーメロン大学のCERTが公表した。Cylanceでは「Redirect to SMB」と名付けたという。

Cylanceでは、多くのソフトウェア製品がアップデート機能などにHTTP通信を利用していることから、不正プロクシや公衆無線LANなどの中間者攻撃などにより、HTTP通信をSMBサーバへリダイレクトさせることで認証情報が漏洩するおそれがあると説明している。

(Security NEXT - 2015/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ