Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 8.3」をリリース - 53件の脆弱性に対処

Appleは、「iPhone」や「iPad」など同社スマートデバイス向けの最新OSとなる「iOS 8.3」を提供開始した。前回3月に続き、2カ月連続のアップデートで多数の脆弱性を修正した。

今回のアップデートでは、機能やパフォーマンスの強化、機能の修正などのほかに、カーネルに関する脆弱性8件をはじめ、あわせて58件の脆弱性へ対処。

SafariやWebKitに関する脆弱性26件のほか、ロックスクリーンやサンドボックス、Appleキーストア、パスコードを学習してしまうキーボードなどの脆弱性へ対応した。URLやフォントの処理、ネットワークなどの脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2015/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除