Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 8.3」をリリース - 53件の脆弱性に対処

Appleは、「iPhone」や「iPad」など同社スマートデバイス向けの最新OSとなる「iOS 8.3」を提供開始した。前回3月に続き、2カ月連続のアップデートで多数の脆弱性を修正した。

今回のアップデートでは、機能やパフォーマンスの強化、機能の修正などのほかに、カーネルに関する脆弱性8件をはじめ、あわせて58件の脆弱性へ対処。

SafariやWebKitに関する脆弱性26件のほか、ロックスクリーンやサンドボックス、Appleキーストア、パスコードを学習してしまうキーボードなどの脆弱性へ対応した。URLやフォントの処理、ネットワークなどの脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2015/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
「IOS XE」のAAAサービスにRCEの脆弱性 - アップデートで対応
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響