Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Alto、5000超の組織から収集分析した脅威情報を提供

米Palo Alto Networksは、サイバー攻撃に関する情報を優先度付きで提供するサービス「Palo Alto Networks AutoFocus」を発表した。

同サービスは、標的型攻撃に狙われている5000以上のグローバル企業やサービスプロバイダ、政府機関から収集した数十億のファイル分析結果から得られた脅威情報を提供するもの。

脅威情報とともに対策の優先度を通知するほか、脅威の発生源や攻撃の独自性、業界内での関連性といった情報を提供する。

同サービスは、4月より一部顧客に限定して展開。2015年下半期より一般向けに提供する予定。

(Security NEXT - 2015/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数